大乱闘スマッシュブラザーズX”Wi-fi対戦会”参加者募集中!
ぷよぷよフィーバー対戦会は実質休止中です。
※参加方法・必須事項など、詳細は下記をご参照ください。



・大乱闘スマッシュブラザーズX 毎週土曜日開催!

【必須事項】
※コメント欄に以下の項目をお書きください。

■大乱闘スマッシュブラザーズX
スマブラ対戦会の参加者名簿・登録掲示板はこちらになります。

にゅらもんどっとこむ〜大乱闘スマッシュブラザーズX対戦会登録者名簿&登録掲示板

スマブラ対戦会のチャットはこちらになります。

にゅらもんどっとこむ〜スマブラXワイファイ対戦会チャット


・ぷよぷよフィーバーforWin版 日曜日開催!(不定期)

【必須事項】
※筆者のメールアドレスに下記の項目をお書きの上、送信してください。

■ぷよぷよフィーバー
・本ID名
・とことん最大連鎖数
・対人最大連鎖数
・一言(意気込みなど)




【メールアドレス】
dorobouneko_no_otakara(あっと)hotmail.com
(あっと)部分を”半角@”に変えてください。


現在の登録者数
19名様!
スマブラ・・・5名様
ぷよぷよ・・・14名様



対戦会登録者名簿が完成しました! カテゴリからどうぞ。

2007年12月21日

ぷよぷよフィーバーforWin版-10連鎖目-

ちょ、本日中って言ったじゃん。

こんばんわ、にゅらもんです。

どうやら不在中に配達されたらしく、現在お預かり中らしい。
早速例の配達会社に電話して、再配達を頼む。

会社本日中のお届けでよろしいですか?
筆者はい。よろしくお願いします。

と、ここまではよかったのだが、いざその時間帯になってみるとアラ不思議。


届かないじゃあーりませんかっ!\(`Д´)ノコルァ!


なんかもう来ないっぽいので、再配達を再度申し込み、明日の午前中に届けてもらえるように調整した。
なんで本日中に送るとか言っておいて本日中に来ないんだよorz
というわけで、現在萎えまくりながらブログを更新しています。

さて本題。

今回のキャラクターは、『リデル』。
萌えキャラの一人。
リデルたん、ハァハァ(*´Д`)

ツモパターンは『22222222222』。
最後の4は、ぞろ目結合型。

フィーバーは頼りないが、表舞台はアルルより倍率の上昇が高い。
よって、表フィールドの立ち回りを強化するしかない。
組みやすさとしては、アルルと同レベルかそれ以上。
3・4ぷよがいい具合に運ばれてくるので、構築速度も標準以上。
上記の理由も含め、アルル対策にはもってこいのキャラクターである。

表フィールド。
前述の通り、倍率の上昇が高いため、催促や催促の対応、フィバ催促などの戦略を駆使していく。
余裕があれば、大連鎖を打ち込むのもいい。

フィーバー。
頼りにならない。
フィバ催促などでフィバインさせられた場合、負け確定と言っても過言ではない。
(相手の飽和連鎖数が少ない、またはフィバ終了後の表舞台の発火色が来ればこの限りではない)
とにかくフィバ催促に付き合っていると即座に不利になる可能性が高いので、凝視を怠らずに催促を返そう。

【総評】
一言で言えば、このキャラクターは



・・・じゃなくて、『アルルに近いorそれ以上のキャラ』。
相手の戦略にもよるが、倍率の高さで大抵打ち勝ってしまう。
少々、多ツモが混ざってるため多ツモが苦手な人は崩れやすいが、バリエーション豊富な人であれば、完全なアルル対策になる。
対アルルに困っている方は是非。
posted by にゅらもん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

ぷよぷよフィーバーの語り。その9。

本日、忘年会に行ってまいりました^^

こんばんわ、にゅらもんです。

場所は焼肉店。
焼肉食べまくりました。
ビール飲みまくりました。
会話も弾みまくりました。
楽しかったです。
終わり。


作文んんんんんんんん?!


一人ボケ一人ツッコミとは・・・。
すみません、テンションが高まりすぎて壊れてますorz
これ以上やると危ないので、本題。

今回のキャラクターは、『ほほうどり』。
ツモパターンは『222222222222』。
最後の4は、ぞろ目結合型。

アルルのツモに毛の生えたようなツモパターン。
積みやすさ・展開の速度はかなりのもの。
同色連鎖などの積み方を覚えていると、連鎖尾までキレイに決まりやすい。

表フィールド。
積みやすさと、展開の速度は確かに速いが、倍率はそこそこ。
多ツモの部類とは言え、フィーバーの特性の1連鎖粘りがしづらい。
フィーバー合戦狙いの人には不向き。
逆に、今までのぷよの戦略を熟知している人であれば、真の力が発揮される。・・・はず。

フィーバー。
弱くも無く強くも無く。
どちらかというと、フィーバーには持ち込みたくない。
表フィールドで、積みやすさを利用して、大道芸な連鎖を狙ったほうが、まだマシ。
フィーバーは敵、とまではいかないが頼りにならない。


【総評】
ムスカ大佐の差し替えボイスが何故か一番似合うキャラクター。
目が・・・目がー!\(3Д3)ノ
こいつを使い手にするときは、必ず、ムスカに差し替えよう!

本日、筆者が壊れているため、まともな総評が出来ておりません。
お許し・・・お許しをー!\(3Д3)ノ
posted by にゅらもん at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

ぷよぷよフィーバーの語り。その8。

今日はなかなか良い休日を過ごせました。

こんばんわ、にゅらもんです。

とりあえず、今週の土曜日は仕事はお休み。
昨日は体調を崩してしまい、大事を取って早退。
更新のほうも土曜日に回し、睡眠をぐっすりととらせてもらいました。
一応、全快はしましたが右目が変に痛く。
そのせいで、ぷよもスマも集中が途切れまくり。
対戦面ではメチャクチャでしたが、某スマ勢でぷよもしている方とスマブラの高レベルなお話。
色々、知らなかった知識もいっぱい語ってくださったので、取り入れまくり^^
ぷよも奥が深いが、スマもなかなか奥が深いゲーム。
こりゃ、どちらも飽きが来ないわけですw
そんなこんなで有意義な一日を過ごせたところで、本題。

本日のキャラクターはタルタル。
ツモパターンは『22222222』。
最後の4は、ぞろ目結合型。

筆者の好きな組み方をさせてくれないツモばかりorz
当然と言えば当然ですが。
小ツモで組める連鎖が、多ツモで毎回組めるとは限らない。
そんなことは重々承知の上だが、やっぱりorz

表フィールド。
正味、中途半端。
中間までの連鎖レートはそこそこあるのだが、大連鎖で勝負しようとすると打ち負けやすい。
勝ちにいくなら、選ばないほうが無難か。

フィーバー。
タルタルでのフィーバー勝負にもつれこまされるのは非常に危ない。
最悪なレートではないのだが、マージンが吹っ切れていない限り頼りには出来ない。


【総評】
筆者からすると、全体的に中途半端な感が否めない。
多ツモに慣れていないから、というのも原因のひとつかもしれませんがorz
とにかく勝ちに行く場合は選べないっぽいキャラ。
当然、向き不向きがありますので、全員が全員、使えないわけではありません。
でもやっぱり筆者には無理orz
そんなこんなで考察もメチャクチャです。
あ。それは最初からkry
posted by にゅらもん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

ぷよぷよフィーバーの語り。その7。

今週の土曜日は仕事orz

こんばんわ、にゅらもんです。

前回、4連休という長い休みを頂いたので、代わりに今週の土曜日が出勤になっています。
対戦会は開催しますが、残業等で開催時間が変わるかもです。
ご了承を。

さて本題。
今回は、当初は男の子だとばかり思っていた『ユウちゃん』です。
いつ『女の子』だと気づいたのかは忘れましたが、初めて知った時は驚きましたとも。ええ。
典型的な多ツモキャラの彼女。
ツモパターンは『2222』。
最後の4は、ぞろ目結合型。

はっきり言って、贔屓なまでに強いです。
一時期は、オンラインで選択するとほぼ確実に切断されると言う事態にまで発展。
カーバンクルと並んで、切断される率はトップだった。
表とフィーバーの倍率の上がり方が尋常でない・速攻厨が多い、と言ったことが原因か。

表フィールド。
前述の通り、倍率の上がりかたが尋常じゃない。
クルークには劣るものの、ある一定の連鎖からはアルルと同じ上がり方(もしくは上?)をする。
しかしながら彼女は多ツモキャラ。
慣れてないと連鎖の”れ”の字も組めないことにもなりかねない。
これを逆手に取ると、短くでかい催促を瞬時に組めたり、対応もしやすくなったりというメリットもある。
どんなキャラでもいえることだが、要は使い手の腕次第。

フィーバー。
こちらもかなりの上昇率。
その上、数手ででかぷよが来るため、フィーバー潰しに対する耐久度も高い。
もちろん、暴発の可能性も視野に入れないと乙ってしまうので注意。


【総評】
対ユウちゃん戦となると、カーバンクルほどではないが、フィバ待ちなどをされると厄介。
更に、慣れている相手だと致死量の催促が飛んでくることもしばしば。
返したとしても、でかぷよなどが多く来るので耐久度も抜群。
と、基本的な能力を上げても厄介なことがよくわかる。
だが、完璧なバランスブレイカーとまでは言えないので勝てない、というわけではない。
こちらも同じようにして、多ツモキャラを選んでもいいわけだし、逆に自信があるのであれば、小ツモキャラで挑んでもいい。
ただし、小ツモで相手にする場合はかなりの苦戦を強いられることになる可能性が高いので注意。
posted by にゅらもん at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

ぷよぷよフィーバーの語り。その7。

宝くじとか当たらないかねぇ・・・(遠い目)

こんばんわ、にゅらもんです。

宝くじとは主に夢を買うもの。
あるキャラクターのセリフ。
妙に納得してしまいました。
筆者のツボをついてきたキャラクターだからじゃないですよ?

本日のキャラクター。
あの倍率跳ね上がりの『クルーク』ですよ。クルーク。
ツモパターンは『2222』。
典型的な多ツモキャラ。
非常に組みづらい。
しかし、大連鎖を組ませると異常なまでのレートが光りだす。
別キャラとの対戦だと、同じ連鎖数でもえらく点数が違うわけですよ。
理不尽なように思えるが、仕様なので仕方ない。
なお、ツモの最後の”4”は、ぞろ目結合型。


表フィールド。
クルークの要。
少しばかり変わったツモパターンなので、早々簡単には大連鎖は組めないが、一度発火させるとかなりヤバイ。
使いこなせるようになると非常に強力。
慣れてないとゴミぷよがたくさん出てしまうので、催促などに当てよう。


フィーバー。
こちらは表と違い、そこまで頼りにならない倍率の上がり方をする。
いかにフィーバーインさせられないように立ち回るかがポイント。
表で先行催促を仕掛け、逆に相手をフィバインさせるとかなり有利か?


【総評】
連鎖を打たせれば、NO1。
しかし現実はそう甘くなく、思ったより相当組みづらいです。
定型だけで立ち回ろうとすると痛い目を見るかも・・・?
変則的なツモに柔軟に対応できるかどうか。
これが勝負の鍵となる。
posted by にゅらもん at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

ぷよぷよフィーバーの語り。その6。

明日は職場のウォーキング大会なるものに参加してきます。

こんばんわ、にゅらもんです。

仕事自体はお休み。
昼飯がバイキングらしいので参加。
腹いっぱいに食べれないけど、堪能してきます。

さて本題。
本日のキャラは、小ツモの2大アイドルの一匹(?)、どんぐりガエルです。
もう一匹はおにおん。
という定義は俺の中だけ。

ツモパターンは以下の通り。
『222222222222』。
同間隔で、多ツモが来る。
そのため、下手に組むと暴発、もしくは隙が出来てしまう。
定型であればガツガツ組めるが、連鎖尾重視や超不定形は同じ小ツモ族のアルルやおにおん、コウベと言ったキャラと比べると組みづらい感がある。
なお、3個目の4ぷよ以外はぞろ目結合型。

表フィールド。
はっきり言って、倍率の上がり方がかなり低い。
大連鎖勝負に持ち込むと、勝てる可能性が下がってしまう。
戦略が大事になってくるキャラクター。
多ツモが同間隔で来る、というのを利用し催促や潰しに当てよう。
ただし、頼りすぎは注意。

フィーバー。
これまた倍率が高いとは言えない。
相手の保有連鎖が多く、故意にフィバインさせられると勝ち目が無くなる。
絶対負ける、とは限らないが非常に危険な状態になってくるので、極力フィバイン催促を受けないように立ち回ろう。


【総評】
連鎖を組む速度はかなり速い。
そのため大連鎖を狙いがちだが、戦略も組み込まないと大変なことになるのは間違いない。
神ツモに恵まれ、15〜を短時間で打てるなら話は別だが・・・。
対クルークやアルルと言った、倍率の上がり方が非常に高いキャラに大連鎖勝負を挑むのは控えておいたほうが吉。
posted by にゅらもん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

ぷよぷよフィーバーの語り。その5。

明日はぷよぷよフィーバーの対戦会です。

こんばんわ、にゅらもんです。

メールにてメンバー登録のご応募を随時受け付けております。
多数のご参加を心よりお待ちしております。

本題。
今回のキャラクターは、『おにおん』です。
強さよりも見た目の可愛さ重視で選ぶ方が多い様子。
筆者もそのうちの一人だったりするのは内緒。

そんなおにおんのツモパターンはこちら。
『2222222222222』。
2個のツモが大量に来る。
その上、序盤に4ぷよの塊が来るので組みやすさはかなり良い。
最後の4はぞろ目結合。

表フィールド。
てがたくフィーバータイプなるタイプ通り、表ではレートが低い。
だからと言ってフィバ待ちに変えるのも面白くはない。
ここで大事になってくるのは当然、戦略である。
いい位置で4ぷよが来たりするので催促や催促の対策もしやすい。
その際、塊による暴発には注意。

フィーバー。
これに頼るのは禁物。
タイプには”てがたく”、とあるが同じようなツモ持ちのおしゃれコウベよりレートが低い。
そこまで極端にフィーバーは強くないので、同じ勝ちを選ぶならコウベを選んだほうが有利。
可愛さ重視な筆者の場合は、おにおん一筋。

【総評】
何度も言うようだが、勝ちにいくのであれば選ぶ気になれないキャラ。
だが、2ぷよがかなりの頻度で来るのは見逃せない。
人によってはコウベよりもおにおんのほうが組みやすいとも。
私的な意見だが、おにおんのほうがアルルチックに組んでいける。
posted by にゅらもん at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

ぷよぷよフィーバーの語り。その4。

ぷよぷよ以外のゲームを一週間ほど続けてみたら効果テキメン。

こんばんわ、にゅらもんです。

代わりにシューティングゲームを続けてみたら、見る力が養えました。
おかげで連鎖構築の向上、相手フィールドの凝視力アップ。
案外こういう見方の変え方もいいものですね。

さて本日のキャラは『おしゃれコウベ』。
フィーバーで逆転タイプのオサレキャラクター(?)です。

ツモパターンは『2222222222222』。
どちらかというとアルルに近いパターン。
組みやすさも抜群。
最後の4ぷよはぞろ目結合型。
序盤は2個のツモが続くが、途中で3ぷよ4ぷよが出てくるため定型ばかりを狙うと痛い目を見やすい。

フィーバー時は伸ばしやすく、レートも高いのでガンガン伸ばそう。
その際の3ぷよや4ぷよのさばき方に注意。
ポポイほどではないが、フィーバー時はかなり強力。
ちなみにツモが似ているおにおんよりフィーバーレートが高い。

【総評】
序盤の連鎖構築をミスるとリカバリーが効きづらい。
定型だとなおさら。
フィーバーでも途中までは普通に伸ばしやすいが、3ぷよなどのさばきをミスるととんでもないことになる。
=アルルと同じ感覚でいくと痛い目を見ることになるので、コウベはコウベらしい組み方を研究するしかない。
なお、アルルやおにおん、コウベなどの2ツモが多いキャラは非常に考察が似通ってしまうので、本日は短くまとめあげました。
posted by にゅらもん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

本日のぷよぷよフィーバー対戦会について。

【お知らせ】

本日のぷよぷよフィーバー対戦会は、筆者不調のため開催を延期いたします。
なお、次週の対戦会情報はトップの左部を参照してください。
posted by にゅらもん at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

ぷよぷよフィーバーの語り。その3。

台風が近づいてきているようです。お気をつけを。

こんばんわ、にゅらもんです。

ぷよぷよフィーバーの語り、第三弾は『ポポイ』。
ぷよぷよ!ではアコール先生の人形役?をかっているキャラクターです。

彼のツモのパターンは、2232232232242424。
典型的な多ツモキャラです。
最初の三組までは特に組みづらい印象は無い。
しかし、後半の242424(ぷよぷよぷよよん)は連鎖構築の仕方によっては非常にやっかいなパターン。
特に最後の4ぷよはぞろ目なので、油断していると暴発や序盤の連鎖の崩れも引き起こしかねないツモとなっている。
また、フィーバー時は伸ばしづらい印象も。

しかし、多ツモキャラだけに構築速度は速い。
発火もしやすいので、通常の連鎖レートは低いもののなかなか侮れない。
全多ツモキャラの中では、一番扱いやすい(組みやすい)キャラではないだろうか。

彼の特徴は全キャラ中『最強のフィーバーレート』を持っていることである。
フィーバーにさえ持ち込めば、伸ばしに伸ばした一回目のフィーバーで星、運とツモに恵まれれば月さえ返せる代物。
たとえ星ぷよが並ぼうとも、諦めずに伸ばそう。

表フィールド時、定型で行くと、途中でやたら消さなくてはならない箇所が出てくる可能性が高い。
多ツモならではの弱点、ゴミぷよが出やすいのだ。
どんなキャラでも言えることだが、ゴミはきっちり有効活用しよう。
放置していたら、飽和連鎖数が下がってしまう、戦略が立てづらくなる、形が崩れ暴発しやすくなる、などと言ったデメリットが出てくるので要注意。

筆者個人の感想だが、不定形を練習する際にはもってこいのキャラだと思われる。
『定型から脱出したいが、なかなか思うようにいかない・・・』とお悩みの方は、一度お試しあれ。

【総評】
猫(ポポイ)を相手にする場合は、催促を打ちつつ半強制的にフィバインさせ、潰す。と言った方法が効果的。
というのも、長丁場になると粘られ、最終的に返される恐れがあるからだ。
これだからフィーバーはコワイ。
posted by にゅらもん at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

【お知らせ】

ぷよぷよフィーバーWin版の対戦会。
午後9時から、映画『容疑者 室井慎次』を鑑賞いたします。
そのため、対戦会は映画が始まる前までとします。




番宣とかどんだけー。

明日はブログはお休みです。
posted by にゅらもん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

ぷよぷよフィーバーの語り。その2。

一身上の都合により、仕様を大幅に変更いたします。

こんばんわ、にゅらもんです。

【仕様変更】
月曜日
土日の対戦会およびオンライン対戦のレポート。

火曜日
シューティングの語り。

水曜日
スマブラの語り。

木曜日
アーマードコア4の語り。

金曜日
ぷよぷよフィーバーの語り。

土曜日
ぷよぷよフィーバーの対戦会およびオンライン対戦のため、ブログはお休み。

日曜日
アーマードコア4の対戦会およびオンライン対戦のため、ブログはお休み。
なお、スマブラXを購入次第、スマブラXに変更。


以上が変更点となっております。
土日は、基本的にブログをお休みしますが、対戦会の開催や中止などの【お知らせ】を書き込みます。

さて、本日の本題。
第二回目は『ラフィーナ』。
ぷよぷよ通では、ルルーに当たる存在?
今回も筆者主観全開で語りまくります。

ツモのパターンは、2232242223223224。
最初の4ぷよはでかぷよ。後の4ぷよはぞろ目結合型。
結論から言うと、相当積みづらい。
というのも、余計な積み方をすると序盤から暴発させてしまう恐れがあるのだ。
よって、連鎖バリエーションが少ないうちは選択しないほうがいいキャラ。
逆に言うと、こいつに慣れれば自然にバリエーションが増えることだろう。

第一折り返しに差し掛かると、ゴミぷよがやたらと出てくる。
基本だが、このゴミを有効活用しよう。
ツモ的にこちらから先行で催促を打たなければならない場面が多発するので、注意。
なお、一直線に大連鎖を狙おうとすると、まず暴発する。

大連鎖タイプ、とあるように大連鎖さえ組ませればかなり強力だがフィーバーに突っ込まされると危険。
こちらから催促を仕掛けることが多いので、フィーバー回避は難しいが突っ込まされても不利にならないように立ち回るのがかなり重要になってくる。

【総評】
ツモ、戦略ともに少し立ち回りにくい点が否めない。
第一折り返しまでは全速で組み、中盤まではブレーキをかけつつ立ち回らないと不利になる危険性が高くなる。
序盤の催促は仕方ないが、後半の催促はしっかり狙いを定めて相手を潰していこう。
posted by にゅらもん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

ぷよぷよフィーバー対戦会レポートその2。

最近、寒くなってきましたね。

こんばんわ、にゅらもんです。

本日、筆者が日付変更の時間ギリギリにロビーへ来訪したため、対戦会は行われず・・・。
と、思いきや突如、noname氏の提案により『NONAME杯』が開かれ便乗することに。

ある意味で対戦会チックになったのでレポートをば。

参加人数は記憶によると10人。
極度の緊張で忘れてしまった(爆)。
相も変わらず、筆者にトーナメント仕様発動。
その仕様とは、『必ず、自分の番になると手が震えだす』。
つまり精神力が足らんわけですよorz
その上、初戦から筆者の番。
これほどのプレッシャーはなかなか無い。
カラオケに行って、一番手で歌わされるのと同じくらいのプレッシャー。
そんなことはどうでもいいとして、実戦結果。

初戦。
結論から言うと、なんとか勝利。
いつもの組み方が出来なかったのが残念。
ある不定形にこだわりすぎたのが原因かもしれない。
観戦しながら、次の番が来るまで待機・・・。
緊張は募るばかり。

2戦目。
思うように連鎖構築が出来ず。
危ない場面が多発したが、勝利。
というかトナメは大抵、危険な行動が目立ってしまう筆者orz
精進せねばなるまい・・・。
待機中は心を落ち着かせる。

そして3戦目。
準決勝。
結論から言うと、負けましたorz
潰し返せてなかったり、連鎖負けしたりで散々。
俺の初のNONAME杯はBEST4で終わった・・・。

【総評】
本日のトーナメントで、向上せねばならない箇所が増加。
まずは精神力。
次に、精神力。
そして、精神ry(ry
精神力は大事なわけですよ。
いくら、オンラインでバシッと決まっても、トーナメントでバシッと決まらなきゃ意味がない。

緊張感があるのはとてもいいことですが、それのせいで脳みそ止まっちゃあ駄目なわけでorz

向上しなくてはならない箇所その2。
連鎖構築の効率化。
最近、ツモに依存しすぎなのが目立ってきた模様。
そのため、速度も自然と落ちる。
最悪なのは積んでいく際に、ある色が来たがために潰れるパターン。
これだけは100%避けなきゃいけない。
それには構築の更なる効率化が必要になってくる。
もちろん、配色理論も大事なので研究して出直してきますorz

他にも細かいところで、まだまだ精進が必要。
そのあたりは追々、消化していきますorz
posted by にゅらもん at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

ぷよぷよフィーバーの語り。その1。

明日は対戦会となっております。

こんばんわ、にゅらもんです。

ぷよぷよフィーバーの語りの初回は、キャラについて。
第一回目は『アミティ』。
フィーバーの主人公的キャラです。

アミティの特徴は、特になし。
連鎖のレートが高いわけでもなく、フィーバーもそこそこ。
ツモは、2223222422232224。
中間の4はでかぷよ。最後の4は、ぞろ目結合型。
ステータスがステータスなだけに、長期戦にはあまり持ち込みたくは無い。
出来れば、見切り速攻で早めに終わらせたいところだが、そうそう簡単にはいかない。
ツモを見ればわかるが、4つ目に必ず3個か4個のぷよが来るので、これをどう使うかが勝負の鍵。

大連鎖同士のぶつかり合いだとレート的に不利になりがち。
フィーバーもジリ貧で終わることも少なくは無い。
なので、中盤に差し掛かった場合、催促や副砲などと言った戦略を利用した堅実な立ち回りが大事になってくる。

総評して見ると、『戦略を無視して大連鎖だけを打ちたい!』という大連鎖重視の方には結構、不向きなキャラである。

なお、筆者はアミティを使える自信はまだ無いため、ところどころ何かが抜けてます。
筆者的アミティはGTRが主。
使用頻度が低いため、これ以上の開拓はまだしておりませんorz
現在、アルルオンリーから抜け出すため、他キャラを使用しまくり中。
そのうちアミティも使う予定となっております。
そのときが来るまで、しばしお待ちを・・・(爆)
posted by にゅらもん at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

ぷよぷよ。

ぷよぷよとの出会い

先日、ぷよとの出会いを語ろうと思ったのだが、時間が無くあえなく断念。
なので今のうちに語っておこうと思う。

あれは筆者が高1の頃。
ゲーセンでふと、ぷよぷよ通の筐体を目にしたのが始まりだった。
その当時はドクターマリオなどの落ちゲーにはまっていたので、同じジャンルであるぷよぷよにも惹かれるのは当然だった。

そんなある日、家族でどこぞに出かけた帰り道。
ひょんなことから親がゲームを買ってくれることになったので、ゲームショップへ。
そこで探したのは当然、”ぷよぷよ”の4文字。
即座に発見し、購入。
家でwktkしながら起動したわけだが・・・なんとそれは、

なぞぷよ

だった。
なにせ、当時はどれが対戦モノかよくわからなかったのでよく確認しなかったのだ。
当然のごとく、なぞぷよでは対戦できない。
だが、そのパズルのように解いていく面白さにどっぷりとハマリ、いつしか連鎖の練習もするようになった。

当時の筆者は、連鎖の”れ”の字も知らず、フィーリングに近いものがあった。
10連鎖はおろか、3連鎖もまともに出来ない腕だったのだ。
そんな下手糞っぷりを発揮しながら時は経ち・・・。

それから4年が経った。
初めてパソコンを購入してもらい、それから幾分か経ったある日。
知人から、『ぷよぷよフィーバー』の存在を教えてもらう。
それがフィーバーの出会いだった。
オンライン対戦も可能、ということだったのでwktkwktkしながらプレイ。
最初のうちは、『カーバンクル』を使いまくり博打速攻ばかりをけしかけていた。
しかしやがては勝率が下がりだし、遂には2割を切る最悪の状態。

これでは駄目だ・・・!

負けず嫌いな筆者は、ぷよの根底から見直すことに。
まずは連鎖。
どんな連鎖があるのだろうか、とサイトを巡回しまくる。
そこで知る、階段・挟みこみ・鍵・戦術。
物覚えは悪くはなかったが、実際使いこなす域に達するまでは時間がかかった。
ここから、筆者のぷよ中毒は始まる。

頭の中では常にぷよのことばかり。
口を開ければ、ぷよの用語。
パソコンを起動すれば、ぷよのサイト巡り。

毎日がぷよぷよだった。
もちろん、オンライン対戦も暇があれば何度も挑んだ。
当然、サイトを巡っただけでは強くなれるはずもなく、道のりは険しかったが、
負けては挑み、負けては挑みを続け、敗因も自分なりに考え続けていく。
この行為が功をなし、遂には勝率もUP。

更なるサイト巡回や研究・実戦などにより、レベルもUPし、昔の自分とは遥かに差が出来るようになった。
そして今に至る・・・。

これが筆者のぷよとの出会いの物語。
ぷよぷよ通の筐体に出会わなければ、今頃ぷよぷよにははまっていなかっただろう。
色々な経験をした、ぷよぷよ。
これからもじっくりと腰を据えて、楽しみながらも、上位陣の仲間入りを果たしたいと思う。
posted by にゅらもん at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ぽてまよフィーバー。

タイトルは気にせず。
細かいことを気にしていたらキリがないですy(ry

筆者の知人が、ぷよぷよフィーバーオンラインをひっそりとやっていたことを知って驚愕。
どうやら成長する気はあるようなので、”折り返し”を伝授。
ゆっくり、しかし確実に成長するように手助けしていこうと思います^^
とはいえ、自分で考えてやってるみたいなのでどうしても詰まったときとかは筆者なりのアドバイス等を教えていこうと思います。
筆者は上位陣じゃないので、教えれる範囲も内容も広くはなく、濃くもないですがorz

だけど、ある程度知識は持ってるつもり。
実力も持ってるつもり。

『この人に勝てませんorzどうすれば』⇒返答『強くなるしか・・・ないでしょう』

筆者的に、こんなアドバイスにもなってないアドバイスは絶対したくないので、万一聞かれたことがわからないことでも調べつくしてお答えします。
なんにもしないのと、するのでは大きな大きな差が生まれます。

才能<<<<<<<<<<<<<<<努力 ですから^^

努力なしに結果は得られん、ということです。

今は負けていても諦めなければ必ず結果はついてくる。
かくいう筆者も、最初は連鎖の”れ”の字も出来ませんでした(^^;
初めてぷよぷよと会ったのは若かりし高校生の頃・・・。
その話はまた次回にお話しましょう。
posted by にゅらもん at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

今後は上級で。

上級に行ったら、7だんとか8だんとか10だんとかそんな段位ばっかりだったよ☆(僕○風に)

こんばんわ、にゅらもんです。

上級に行くと、世界変わりました。
11・12連鎖は当たり前。
ときには13連鎖や14連鎖だって飛んできます。
中盤に当たる発火催促などもしっかり飛んできます。


全く勝てない・・・orz


ってわけじゃなかったんで今度から上級モードに入り浸ります。
とはいえ、自身ではまだそこに行くほど熟練していないのでまだまだこれからです。

これからの課題。

・凝視のレベルアップ。
・催促のタイミング、潰しの返しの最適化。
・連鎖のバリエーションの増加。(現在、不定形3個(アドリブ除)
・精神力の増加

わかってるだけでこれくらい。
最後の精神力の増加は、だんだん集中力がなくなったりしてくると他のことが考えれず、積み方がGTRしかできなくなるという弱点が表れる。
これを克服。
あと、基本も忘れずにしておきたいです。
久しぶりに練習に2P自由落下を取り入れてみようかな・・・。
posted by にゅらもん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

不調が続く・・・

集中できないと、GTR以外組めてない。
この状況をどうにか打破せねば・・・。

こんばんわ、にゅらもんです。

こんとこ、集中力が続かず10戦ほどすると、さっきまで組めていた不定形が組めなくなる。
そうなると、GTRに頼らざるを得なくなる。

こういった不循環が続いています。

バリエーションを増やす、というよりそろそろ前進をせねばなるまいな、と。
GTRも一応不定形なんですが、他の不定形に比べて全然組めるので自分の中では定形になってきています。
つまり、他の不定形も自らの”定形”へと変化させる、ひとつの目標ができたわけです。
まだまだ成長が止まったわけじゃない、というのは頭ではわかっていたのですが、今回の一連の対戦でしっかりと形になって表れた様子。
とにかく戦いを積んでいこうと思います。


は変わって、ぷよぷよフィーバーオンラインでの中級モードでのお話。

筆者は、オートモードで毎回遊んでいるんですが、とある対戦者に、

その勝率だと中級卒業できますよ^^

と言われました(そのとき、対戦が始まっていたので反応できずorzすいませんorz)。
自分の中では、まだまだだと思っていたのですが、試しに上級モードへ移行。
そこまではよかったんですが・・・。

突如表れた、10だん。
負けは1000超。勝ちは2桁。
これはチートだな・・・、と思いつつ対戦開始。
始まるや否や、突然自滅する相手。
謎の行動に少し戸惑いましたが、ようやく相手の目的が発覚。
どうやら、相手の段位を上げようとしているようなのです。
今までチーターと言うと、相手のフィバ時の重力を増加させたり、相手フィバイン時タイムを無限にしたりと、
萎えるものばかりだったんですが・・・。
(たまに、NONAME 649084984208連勝中!とか笑えるものもあったり)
正味、段位は関係ないので純粋な対戦を楽しみたい。
全盛期はオンラインでもそういった対戦が楽しめましたが、今じゃロビーでしか楽しめなくなってしまいましたorz
(理由はチーターや切断厨の出現、フィバシステム搭載による一部の熟練者からの敬遠等)
ロビーもロビーで、対戦という雰囲気は全盛期より落ち込んでいる・・・。
月日も経った、ということでフィーバー離れしている人が多いやもしれないことを承知で言いたい。


『技術の向上や純粋な対戦を楽しまないか?』


以上。




(((まさかのまともなオチ)))
posted by にゅらもん at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

ぷよぷよフィーバープレイ日記1日目

アミティ使いづれぇぇぇぇorz

のっけからすいません。にゅらもんです。
どうもアルルばかり使ってるせいか、多ツモが非常に苦手になってます。
+思考に考えるとGTR依存症となっている今の筆者にはとっておきのキャラとも。
(アミティでも組めなくはないんですが、アルルと比べ組みづらくなる)

同じ不定形も組み方が変わってくるので、バリエーションも増えるかな、と。

伸び悩んだらキャラチェンジ、これですね(^^)

さて、今回の対戦成績。

前半戦〜
アミティを選択。
前述の通り、多ツモに慣れていなく勝率も下がりっぱなし。
数戦重ねていくごとに『全消しがしやすい』ということに気づく。
気のせいか・・・?

後半戦〜
アルルに変更。
やっぱり組みやすい。
2ツモだとガンガンに組める。
アミティのツモのおかげで、前よりも冷静に中盤戦の潰しや催促も対処することも可能に。
キャラ変更万歳。

というわけで、今日はキャラ変更もバカにできないということを学びました。
とりあえずアミティを使いこなそう。
posted by にゅらもん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。